読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬の江ノ島。2017.2.6

土日に鎌倉旅行行きました。

f:id:nnnaoki84:20170206122541j:image

江ノ島からの眺め。

 

神奈川県在住ですが、鎌倉は全然行かなくなり…

4年ぶりでした。

観光客多いですね…しかも海外の方が特に。

 f:id:nnnaoki84:20170206123524j:image

 江ノ島の参道。

 

f:id:nnnaoki84:20170206122820j:image

河津桜越しの鳶。

 

f:id:nnnaoki84:20170206122903j:image

連写して撮影。

 

f:id:nnnaoki84:20170206123012j:image

展望台にて。

 

f:id:nnnaoki84:20170206123047j:image

昼寝中の江ノ島猫。

 

f:id:nnnaoki84:20170206123132j:image

鮮やかな河津桜

 

f:id:nnnaoki84:20170206124029j:image

これもなかなか見れない風景。

江ノ島展望台前広場から岩屋方面を眺める。

 

f:id:nnnaoki84:20170206123358j:image

江ノ電も車両にバリエーションがあり

楽しめました。

4日は1日乗車券600円を買いました。

鎌倉に泊まりで旅行するなんて初めてでした。

次回は江ノ電沿線風景と鎌倉駅周辺など。

 

2017年1月のジョグノート 2017.2.1

f:id:nnnaoki84:20170201154823j:image

ナンダカンダ言って

1月10日から1月31日まで走った。

どこにも記録は投稿しない。

自分だけが分かればいい。

去年も「足が痛くて走れなくなって」、

また再開して、また辞めて…。

 

太ったな走ってないのかと言われるたびに

足が痛いんだものと思っても、痛みを

理解してもらおうなどとは思わなかった。

なぜなら、僕だって人の痛みなんかわからないからだ。

インソールが全てだよと言われても、

そうなんですかと答えるだけで、僕の全てには

ならない話なのだ。

フルマラソンの過去の記録を聞かれたから答えても、

「知り合いが3時間でも遅いと言ってたよ」なんて

走ってもない人に返事されたら、

サブ3.5も出来ていない僕は

二度とこの人に走ってるなんて言わないよと思ってきた。

 

走れない上に「走っていた」という事実がまた、

かなり邪魔というか、僕をイライラさせたり、

苦しめてきた数ヶ月だった気がする。

 

 

もどかしさを言葉で表現できないのはなんとも情けない。

 

数ヶ月ぶりにこんなに継続して、走れたのはなぜだろうか。

「まだまだ」なのは重々承知であるし、マラソンなんて夢のまた夢なのだが。

意地というか、誰にも何も言わせないような時間が欲しいのだ。

 

とにかく、続けよう。お楽しみはこれからだ。

f:id:nnnaoki84:20170201161347j:image

 

 

今年2本目の映画は「淵に立つ」2017.1.30

f:id:nnnaoki84:20170130122752j:image

オルガンの音色が耳から離れない…

 

今年2本目の映画は「淵に立つ」

渋谷アップリンクさんで見ました。

1/28~2/3までのアンコール上映です。

2/4~2/10で下高井戸シネマで上映とのこと。

 

ある家族の物語…

主演、浅野忠信さん、古舘寛治さん、筒井真理子さん

監督・脚本は深田晃司さん。

深田作品は初見でしたが学年は僕の2つ上とのこと…。

同世代なんだあ…とたじろぎました。

YouTubeでインタビュー見ましたが、もっと作品を見てみたいなあと思いました。

 

当初は1人で行こうかなと思ってましたけど、嫁さんも誘って行ったわけですが、嫁さんもこの映画は考えさせられたそうです…ただ、とりあえず答えがこれ!っていう映画がじゃないのは苦手と言われましたが。

やはり終わり方も不思議で、結果を見ずに終わった感もありました。 でも、そういうのもアリだと思いますよ。分かればいいものじゃないし、わからないまま終わるのも「終わり」には違いないし。わかりやすさなんてのはその人のわかりやすさなわけで100人映画見たら100通りのわかった・わからなかったがあるものですから。

 

f:id:nnnaoki84:20170130124535j:image

深田監督もインタビューで言ってましたが、「観客の想像力と駆け引きする。想像を裏切ったり、想像通りにしたり、そして、少しズラしたり…」と言うことは前から僕も何となく考えてはいました。

例えば分かるんですよね、この主人公は死ぬなとか。死なないと終わらないよなとか。そう言う風に作品は答えというかヒントはくれたりするわけです。

今回は劇中に主演の浅野さん(八坂役)はいなくなるんですけど、いなくなった後も存在感が半端無くてまた出てくるのか、いつ出てくるのかヒヤヒヤしながら見ましたね。なんかドキュメントを見てるような感じでそれも僕は好きでした。

裏切られたと言うよりもどうなるのか、ハラハラした感はありました。上映前にパンフレットをパラパラ見たらちょっとネタバレ感もあって、失敗したかなと思いましたが。

 

やっぱり浅野さんはすごいなと…筒井さんはほんと美しかったなあ…ちゃんと見たのは初めてだったので驚きました。

 

単なる感想文になりましたが、この映画は見た方がいいです。

 

オルガンの音色が耳から離れない。

f:id:nnnaoki84:20170130130605j:image

 

こちらからは以上です

 

 

 

今年1発目の映画は「壊れた心」 2017.1.27

f:id:nnnaoki84:20170127100135j:image

面白かった。

なんというか深夜に見た懐かしい

映画みたいな雰囲気だった。

 

 

主演の浅野忠信氏が好きで、作品をぜーんぶ見てる訳ではないけど、

あの佇まいというか雰囲気が…好きですねえ。

バトルシップ」とか「地雷を踏んだらサヨウナラ」とか「Helpless」とか…「劒岳 点の記」も良かったし、「酔いが覚めたら、うちに帰ろう」も好きです。「私の男」のタバコ吸うシーンが好きですね。

 

浅野さんの自分のルーツを辿るドキュメントを数年前にNHKかな?観たことがありまして…それも良かったなあ。

 

浅野忠信さんの映画見ているだけでカッコいいと思ってる時期もあったけど、変わらないですね。

 

また、「壊れた心」上映劇場が知る人ぞ知る「ユーロスペース」。こういうミニシアター、よく通ったなあと懐かしくなりましたね。あー、上映は今日までです。

 

次は昨年公開されてる「淵に立つ」を見ようかなと。

これも渋谷。渋谷は迷うんだよなあ。

こちらからは以上です

 

 

https://www.instagram.com/p/BPfSL3_Dbjx/

...上映開始後、「なんだこのまったりアニメは?」と思って、シアター出て受付で聞いたら、「壊れた心はこっち(シアター1)です!」と。「なんだよ(笑)!」と席戻って、上着とか荷物持って、シアター1へ駆け込む。背後からは「まだ予告編ですから!」と受付のお姉さんの声。世界の片隅で、うっかりして、心は壊れる寸前でした(笑).#ユーロスペース #壊れた心 #浅野さんやっぱすごいわ#渋谷は慣れないね