ある友人から教わっていること。2015.4.11

日々是勉強。

f:id:nnnaoki84:20150411061646j:plain
学ぶというのは本からだけでなく、人との付き合いなどからも大いに学ぶことはできます。要は何かを得ようと考えているか。と言っても、なかなかできないものですが、僕は友人から教わっていることがあります。(念の為、断っておきますがあやしいセミナーとかの紹介じゃないよ!笑)
 
その友人はソーシャルネットワーク(SNS)でつながっている方で、僕が教わったと感じていることもSNSとの付き合いに関することです。
 
まず一つ目は「基本的にスルーする。」
TwitterやらFacebookやら、日々ごまんと投稿が溢れています。もちろん暴力的だったり、誰かの愚痴だったり、そもそも自分のセンサーがシャットアウトするものはスルー以前の問題なんですけど、他の他愛もない投稿やその人にとっては良かったこととかそういう投稿って、こちらの捉え方次第で、なんて言うのか「引っかかる」ことがたまにあります。なんでもかんでも「いいね!」じゃないときがあります。
僕も3年前なら気にも留めなかったツイートとかでも、今なら心に残ってしまい悩んだりしちゃうこともあります。日常生活の会話とかでも、相手の考え方を聞いたときや簡単な一言が「引っかかる」ことがたまにあります。まあ、「想像力ないんだな、この人は。」とやり過ごせばいいかも知れませんが。

だから、「基本的にスルーする。」というスタンスで行くわけです。「ほんとに良いなと思ったものだけ自分に貯めていけばいいんじゃないか。嫌だなとか合わないなと思ったらもうタイムラインをピューンと飛ばすようにスルーしちゃえ。」と僕なりに考えるようにしました。そんなの当たり前だよと思うかも知れないし、自分もわかった気になっていたんだけど、その友人に会って話をしてたときに「基本スルーでいいんだから」と声に出して言われて「あ、そっか〜。」と自分も声出して、腑に落ちた感があったわけです。だから、スルーできてないなと思った時は「基本スルー!」とか口に出しちゃいます(笑)

 

f:id:nnnaoki84:20150411070608j:plain

まあ。それでも人と比べちゃうことが多いですよね。「共有、共有」とは言うけれど「比べることが容易になってしまった」のもSNSの功罪と言えるかも知れません。

そんな時は「自分を褒める。」

まず、自分が褒めなきゃ誰も褒めちゃくれない。写真を例にあげれば、僕が1番の自分の写真のファンなんですね。確かにもっと良くしたいとかうまくなりたいとか思うところはいっぱいぱい!あります。

仕事やスポーツでも「現状に満足しない!」という考えや気持ちもわかります。でも、とりあえず今の満足は満足として噛みしめたい。「とりあえず、よく出来たよ」と。

少し話が逸れましたけど、自分だけがわかる満足感や褒めるポイントがあるんじゃないかなーと思うわけです。例えば他の人が新しいカバン買いました〜とか書いてて、「いいなあ」とか思うかも知れないけど、自分のカバンは革の経年変化でめっちゃいい味だしとる!とか、例えば「比べる」とか関係なくて「今週平日お酒呑んでないやーー!」とか。いや、単なる例です(笑)

もちろん、自分にご褒美あげるとか、ちょっとのんびりするとか、そういうのも褒めていることだと思います。

人に「いいね!」するよりも、人からの「いいね!」を求めるよりも、まず自分の心に「いいね!」をするほうが楽じゃないですかね。

友人の真意はこういうことなのかはちょっと不安はありますが僕が教わったなあと思っていることをバーっと書きました。

 

f:id:nnnaoki84:20150411071646j:plain

こういう記事の時はその友人のブログを紹介するべきなのかも知れませんけど、そういうことを「媚びる」と見る向きもあるので敢えてしません。が、友人の方には伝わるでしょう。最近は会えてないけど、あなたの写真を見ると教わってることをたまに思い出します。

ちょっとしんみりしたけど、土曜日の朝だから!(笑)それでは!また!

 

 

広告を非表示にする