読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なおきんBOOK007•ロバート キャパ写真集 2015.5.4

FUJI X100S おすすめ 写真展 月曜日 BOOK ロバートキャパ

ゴールデンウィークになると思い出すことがあります。

 

f:id:nnnaoki84:20150504093514j:image
ゴールデンウィークになると長期の旅行に行ったということはなく、都内でブラブラすることが多いです。そして、この時期になると思い出すのが写真家ロバートキャパのことです。
なぜかというと、1997年のゴールデンウィークに新宿で見たロバートキャパ写真展が忘れられないからです。当時、高校1年生。うわー、18年も前?。
 
f:id:nnnaoki84:20150504095105j:image
↑当時写真展で買った写真集。
 
この写真展がきっかけになって、文化祭でキャパの半生を劇にしました。懐かしい思い出です。僕の通った高校では3年生は文化祭不参加のため、今になって考えるとどことなく締まりがなく、「みんなふざけてるなあ」という感覚でした。その中で戦争写真家の劇をやってしまったものだから完全に浮きました(笑)
でも、中には気に入ってくれた先生もいてくれて、僕が卒業するときに写真集を送ってくださいました。
f:id:nnnaoki84:20150504095122j:image
 
 
昨年、ロバートキャパ没後60年生誕100年だったはず。2013年にはキャパのパートナーだったゲルダ・タローの写真も含めての展示が横浜で開催され、キャパの代表作と言われる「崩れ落ちる兵士」の撮影者は誰なのか話題になりました。去年も恵比寿の東京写真美術館で写真展が開かれました。そこではキャパの肉声も公開されました。
 
そして、今年は第二次世界大戦・太平洋戦争終戦70年。
平和だなんて思えないけど、いま、キャパがいたら何を撮りたいんだろうと思ってしまいました。生きてたとしても、100歳だけど。
 
 
f:id:nnnaoki84:20150504100541j:image