読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康診断に行ってみて、考えたこと。2015.5.20

水曜日 雑記

昨日、年に一度の健康診断に行きました。

f:id:nnnaoki84:20150520065044j:image 

はっきり言って、去年よりも太りました。腹回りも育ちました。

 

計測してくださる係の方々、みんな心配そうに「こんなに増えてますけど、大丈夫ですか?」とか「去年はこれくらいですが、今年は○○ですが・・・。」とか声をかけてくださいます。○○のところは数値なんですが、わざわざ紙に書いて筆談してくれるくらいです。

僕はなぜ太ったか、わかっているから数値に関しても、ある程度予測もしていました。体重計はもはやゴルフ場の風呂場でしか乗らないと思っているので、毎日計測しているわけではありませんでしたが、僕としては驚く数値ではありませんでしたね。ま、こんなもんだろうと。

 f:id:nnnaoki84:20150520065126j:image

 

2012年3月~2014年3月まで丸2年、ほぼ毎日走っていたときは健康診断では体重が減りすぎていて、逆に心配されていました。「病気ですか?」と聴かれましたね。要は走り出す前まで今くらい太っていたということです。でも、この1年で逆戻りです。

この現実、何も思わないわけないじゃないですか。

走っていたときには「走って健康的ですね」とかビフォアーアフターに驚いてもらったり、周りの方からはポジティブな反応が多かったです。そのことで少し悦に浸っていたかもしれません。でも、そのなかで「私は20年体型がかわったことがないし、1日1時間も走ることなんてまずありえない」と言う人がいました。僕ね、そのとき思ったんです。「太るのって時間の無駄だと、また痩せる時間が必要になるんだから。」って。そのときは毎日走ることも苦じゃないし、ケガもしないし、ましてや身体も健康そのものだって思い込んでいたから、「太るわけないじゃん」「走り続けるに決まってるじゃん」って思っていたんです。でもね、この有様です。ありさマイケルです。現に時間だけじゃないです、お金もかかります。服を買い換えたりします。LサイズからMサイズへ買い換えたときにはLサイズのものを処分してしまい・・・今回Lサイズのものを買おうとする。なんて無駄なんだ。

 

そして、2012年の年末にはこんなツイートもしていました。

twitter.com

もう、絶句。

 

f:id:nnnaoki84:20150520065302j:image

 

今日は走らなくなったことを嘆く記事じゃないですから、もうそういうことは書きませんけど、走っていたときは毎日体重測って、それをツイートしたりして、健康診断の結果までFacebookに載せたこともあります。それでいまはこのざまですから、自分でも笑ってしまいます。

嫁さんにも言われたことがあります。「今現在、以前のように走らなくなって、走れなくなって、そのことを回りから言われるのが嫌なのはわかるけど、走っていた時に走っていることをあれだけ回りに言ってるんだから、そういうこと(言われること)を見越してやらないとね」と。仰るとおおおりすぎて、鼻血出そうです。

 

f:id:nnnaoki84:20150520065353j:image

 

ここから一念発起してまた走りだす!という話になればいいのですが、そこはわかりません。ただ、病気にはなりたくないなと思うばかりです。あはは、単なる希望を書いて今日のなおきんワールドは終わりです。ありがとうございました。