読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJI X100Sで「時間を操る」 2015.6.11

おはようございます。
f:id:nnnaoki84:20150611084551j:image
先日、出先の帰りに面白い一枚が撮れました。
記事のタイトルの「時間を操る」と言ってもデロリアンで過去や未来に行くという話ではないです(笑)
長時間露光による撮影です。長時間と言ってもシャッタースピードは2秒だったかと思いますが。
シャッタースピードを操ることでカメラが1/1000秒の世界や5秒間の世界を見せてくれます。そんな世界は人間の目では不可能です。
上の一枚のような綺麗な手すりがあるビルの前に出くわしました。道を歩いていて新しい風景やビルをいきなり目の当たりにするときのドキドキ感はたまりません。手すりから身を乗り出すと下の階が見えました。その手すりの周りを延々とジョギングしてるランナーの方がいました。淡々と。走り方としては僕好みといいましょうか(笑)

まず撮れたのがこの一枚。
f:id:nnnaoki84:20150611085653j:image
奥の方にランナーが見えますね。この一枚が撮れた時に「もしかしたら、面白いのが撮れるかも知れない」と思って、待ち構えていました。
それがこちら。
f:id:nnnaoki84:20150611085849j:image
ランナーの残像が見えます。とても不思議な感じ。手持ちでの撮影だったのでよく見ればブレてます。ISO6400 f16 シャッタースピードは2秒です。


インスタグラムに載せたのは下の一枚。
一瞬、そこに存在したかのような、いや、存在しなかったかのような絵になりました。僕が走っていた時に考えていたことが表せたかなと。


長時間露光シリーズはよくやるのでまた載せたいと思います。カメラによって操作はいろいろあるのでわかりませんが、覚えてしまえば簡単ですし、光のことを考える練習になるのでオススメです。あと、インスタグラムなどで#長時間露光ってハッシュタグを検索するとすんごいのが見られますよ!それでは、むた!