読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界のカバン博物館へ行きました。2016.7.13

FUJI X100S お出かけ おすすめ 東京 水曜日 歴史

本文はこちらからです▽

 f:id:nnnaoki84:20160708214729j:image

鞄メーカーのエース株式会社が運営する世界のカバン博物館に行きました。

行ったのは7月7日で場所は浅草です。

鞄好きにはたまらない博物館でした。

写真多めでご紹介です。

f:id:nnnaoki84:20160708215031j:image

入場は無料でした。受付のお姉さんに聞いたら写真撮影OKでした。

 

f:id:nnnaoki84:20160709100527j:image 

入館証をもらいます。

 

エースサービス株式会社の7階が世界のカバン博物館で8階は創業者の新川柳作さんの記念館でした。

 

f:id:nnnaoki84:20160709100259j:image

入り口から、古代から現代へと人間とカバンの関係が年表のように展示されています。

 

f:id:nnnaoki84:20160709100411j:image

写真に細かく説明付き。マスコットのおじいちゃんが新川柳作さんのようです(笑)

 

f:id:nnnaoki84:20160709100639j:image

豆知識的なコメントも。

 

f:id:nnnaoki84:20160709100722j:image

「カバンの出来るまで」という動画も放送されていました。「ダレスバッグの出来るまで」を見ましたが職人技でいくつもの工程があり、1枚の革からひとつの鞄が出来るというのは驚きです。

 

f:id:nnnaoki84:20160709100930j:image

モニターの隣には実物のカバンがあるので触ることもできます。革製品は好きなのでダレスバックは憧れます。また、香りもいいですね。

 

そして圧巻なのが世界のカバンがずらりと並んだ展示コーナーでした。

f:id:nnnaoki84:20160709101241j:image

60年代のデザインがかっこいいなと…!

 

f:id:nnnaoki84:20160713121800j:image

こちらはハリバートンのケース。

今日のゼロハリバートンにも受け継がれていますね。

 

f:id:nnnaoki84:20160713121945j:image

西園寺公望さんが明治時代に海外渡航したときのトランク!

 

f:id:nnnaoki84:20160713122116j:image

名入り!

 

f:id:nnnaoki84:20160713122238j:image

老舗鞄メーカー、株式会社青木製!

 

f:id:nnnaoki84:20160713122410j:image

こちらはミスタープロ野球長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督の鞄。第一次監督時代のものだそうです。

 

f:id:nnnaoki84:20160713122530j:image

作家 吉川英治さんの鞄。このデザイン、大きさ、すごく好きです…!欲しい!

革製品は経年変化により、味が出てきて、色味も良くなりますからねぇ。これはたまらない鞄ですね。

 

8階には創業者新川柳作さんの記念館でした。こちらは写真撮り忘れましたが、昭和、平成という時代の中でカバンに情熱をかけて生きてこられたのがとてもわかる、素晴らしい記念館でした。

世界のカバン博物館も新川柳作さんの想いが詰まっているので、ぜひ浅草に行った時には寄ってみるといいかも!

8階からはスカイツリーが見えました!

f:id:nnnaoki84:20160713123249j:image

こちらからは以上です

さようなら。