読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

走っていると気づくこと、思い出すこと。2016.7.24

iPhone 日曜日 マラソン・駅伝 雑記

まあ、そこそこ走っています。

f:id:nnnaoki84:20160724115800j:image

走るとなると、ここ数ヶ月はもっぱら市街地です。近所の多摩川土手には行かなくなりました。他の走ってる人と自分を比べて勝手に劣等感を感じる卑屈な男なので、まだ他のランナーと遭遇することが少ない市街地を選んで走ります。

市街地は信号もあるし、飛び出してくる自転車とぶつかるし、いいことありません。歩道と車道の段差につまづいて転んだりもします。スピードも出せません。

f:id:nnnaoki84:20160724145657j:image

でも、道端に咲いてる自然の花や家の軒先で丁寧に育てられている綺麗な花を見ることができます。

 

f:id:nnnaoki84:20160724145947j:image

走ってる最中なので撮影はiPhoneです。

何枚か撮って、また走り出します。

 

花があるたびに止まってるわけではないですが、休憩にもなるし、こんなところにこんな花が咲いてたんだと新しい発見になり、少し視点が変わったり、気分転換になります。

 

f:id:nnnaoki84:20160724150249j:image

たまに見るのが育てている家の人が書いた「花は取らないでください、写真を撮ってください」という張り紙です。

最近では携帯にカメラが付いていますから写真を撮るのは簡単ですが、昔は人の家の花を摘んで帰っている人を見たりしました。

 

f:id:nnnaoki84:20160724153934j:image

かつて、実家でも、育てていた花を摘んで持って帰られて、母がその人を追いかけたことがあります。

その時のやり取りは詳しくは覚えていませんが、大切に育てている人の気持ちを踏みにじる行為に僕も悔しかった記憶があります。

 

 

f:id:nnnaoki84:20160724154323j:image

走っていると今日のように、向こうから思いもがけない記憶や考えがやってきて、浮かんでは消えて、消えては浮かびます。

それは走っている時以外もそうなのだから、仕方ないですが、淡々と走り続けていきたいものです。