読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気が利く人が損する時代。2016.10.24

雑記 月曜日

僕の狭い視野の中での話だが。

f:id:nnnaoki84:20161024130805j:image

自分が気が利く人だなんて思わないし、言うつもりもない。見る人が見れば僕なんか気が利かない我儘な奴だろう。

 

 

でも、気が利く人が損をすることが多いと感じることが多いし、そういう話もよく聞く。

気が利くとは

  1. 細かいところにまで注意が及ぶ
  2. 粋である。洒落ている。 

ということらしく、先に書いた気が利く人とは1の意味の方だ。

細かいところにまで注意が及ぶのも気が利くと言えるが、「先のことまで見据えている、もしくは予想できること」も気が利くことにはならないか。

あの人が遅刻した。しわ寄せが来るから、どう対処するか。昨日もあの人は休みだったから、今日も休みかも知れないとか…予想を立てる。それも気が利くことかも知れない。

けど、一手間多く、予想して、気を利かせて(もしかしたら無意識かも知れないけど)動いても無駄だったり、逆に自分が忙しくなることもある。そして、その一手間かけたとかそういうことは誰も気づいてくれないのだ。原因を作った本人(遅刻したり休んだ人間)なんか気づくわけがない。同僚にゴメンねとも言わない。

 

そういうのが多く続くと疲れる。イライラする。ただでさえ、ストレスが溜まるのに。そして、それを損をしていると思うようになる。同じように9時までに会社来て仕事すればいいのに、片や1人は遅刻、無断欠勤。片や1人は普通に会社来ているのに、遅刻者のせいでしわ寄せがくる。しわ寄せが来て自分の仕事ができないから早く会社に行っている。その仕事は遅刻者の仕事だからやらないで済ませられるがそう割り切れなかったり、オフィスに鳴る入電を取らないわけにもいかない。業務体系なんて様々だから。

原因を作った遅刻癖の人は得をしているわけではないが、自分を変えていないから、損はしていない。自分を変えるのが損と決めるのもおかしいが。

 

でも、直接、原因を作っている人には言えない。我慢する。疲れる。そのうち、何も感じなくなる。

 

f:id:nnnaoki84:20161024132420j:image

こんなどこの会社にでもありそうな話を書いてしまって、申し訳ないが、きっと何も感じなくなったら終わりなんだろうなと思う。他人のことなんてどうだっていいと遅刻しようがしまいが、自分には関係ないと言い切ってしまうのは簡単だけど、それはAが遅刻したことによって、周りが困っている状況も自分には関係ないと言っていることになる。

遅刻している方も遅刻する方でもう少し、反省の色を出すべきだ。無断欠勤した次の日のことを楽しげにSNSに投稿するのは控えるべきなのだ。前業代くれないから5分でも早く来ませんと言ったやつもいた。それはそれでいい。だけど、それならば1秒でも遅れてはいけないと思う。でも、遅れて来る。そこで周りがイライラして注意するのもバカバカしくて、虚しくなる。

 

結局、気になる人が疲れてしまう。

 

f:id:nnnaoki84:20161024134807j:image

 

この話にはオチがない。

 

今のところ、僕も気がつかない人になる方が楽じゃないかと思うことが多くて、そういう人間になってしまいそうで、この記事を書いたかも知れない。

 

でも、気が利く人を応援したい気持ちもある。

(応援したいとは聞きようによっては横柄な態度かも知れないがそうではないと思ってほしい。)

 

きっとあなたは間違っていないと思う。

僕の文章じゃ頼りないけど。